FC2ブログ

火の番、いっちゃん。

027_20111125103310.jpg

薪ストーブの上手な焚き方とコツ
薪ストーブの焚き方にはコツがあります。
こうやって焚かなければならないという決まりはないのですが、自己流で焚いている人の中には、
すぐガラスが汚れたり、煙突にクレオソートをビッチリとつけてしまう焚き方をしている人がいます。
それではせっかくの楽しいストーブライフなのに、自ら余計な手間を増やしているようなものです。
ここでは、全てを厳密に守る必要はないのですが、気持ちよく薪ストーブを焚くためのポイントです。

基本その1「よく乾燥した薪を使う」
これは焚き方以前の問題ですが、充分に乾燥させた薪を使います。
乾燥が不十分、つまり水分を多く含んだ薪は、ストーブにくべてもなかなか燃えません。
薪の中の水分がある程度蒸発するまでは、煙が出るだけで火はつかないのです。
そして、その蒸発にストーブ内部の熱が使われていきます。つまり、乾燥不十分な薪を焚こうとすると、
(一時的にしろ)逆に温度が下がってしまうことになるのです。
また、そうやって蒸発した水分は、ガラスを汚し、さらにクレオソートの誘因となって
煙突内部に付着していきます。
結論として、乾燥不十分な薪を焚くことには、まるで良いことはないのです。
太い薪だけでなく、焚きつけの乾燥具合も充分に注意します。

基本その2「細い焚きつけから徐々に太い薪へ」
火を起こす際、いきなり太い薪はNGです。
「火を育てる」という感覚で、まずは細い焚きつけ(指の太さ以下)を燃やし、
勢いがついたら中ぐらいの薪(手首程度の太さ)、それがしっかり燃えたら太めの薪、
という具合に三段階ぐらいで育てていきます。
細い段階のものは、たくさん使うほど次のステップへ楽に移行できます。
目標は、ガラスを汚すことなく薪ストーブを立ち上げること。
もし途中でガラスが汚れるようなら、それは順調に火が育たず、
焚き火で言う”燻(いぶ)った”状態になってしまったということです。
手順的に次のステップに移るのが早すぎたか、もしくは手前のステップの細い薪の量が少なすぎた、
ということになります。
火を育てることは、一種の芸術(?)です。
どんなに薪ストーブのベテランでも、綺麗に火を起こすことができれば密やかな満足感を感じることが出来ます。また、ガラスを汚さずに火を起こせれば、その後も炎がよく見え、薪ストーブの楽しさも倍増します。
どっしりと構えて急がなければそんなに難しいことではありません。
 
基本その3「炎の通り道を作る」
炎というものは、下から上の空気の流れに沿って立ち上がります。
特にストーブの立ち上げの際には、炎の通り道を塞がないように意識し、
隙間を確保しながら薪をくべていくと、非常に順調にいきます。

基本その4「熾火(おきび)が命」
火を起こした後、薪ストーブを上手に焚く一番の秘訣は、この熾火(おきび)かもしれません。
炎を上げて勢いよく燃えている状態よりも、真っ赤な熾火が火室の床一面で煌々と輝いている状態の方が、
実は熱量も多く、安定した理想的な燃え方なのです。ガラスが汚れることも少ないでしょう。
また、熾火が充分にあれば、太い薪を乱暴にくべても確実に燃えてくれます。
逆に言い換えると、熾火が充分になければ太い薪は燃やしきれません。
太い薪を燃やせる力というのは、この熾火の量に比例するのです。
つまり、熾火が充分にあれば火持ちの良い太い薪をくべることが出来ますし、
また、熾火自体も火持ちが良いものです。結果として、薪をくべたりなどの手間がぐっと減り、
ガラスも綺麗なまま炎もバッチリ眺められる、という理想的な焚き方をすることが出来ます。

薪ストーブを上手に焚くということは、いかにこの熾火を作っていくかにかかっているのです。
焚きつけから徐々に太い薪に移行してストーブを順調に立ち上げた後は、この熾火作り&維持を意識します。
熾火作りの具体的な方法としては、太い薪を補充する前に、
それまで燃えていた薪を火掻き棒などでつついて崩し、火室の床に広げて熾火の元とするのが有効です。
こうすることにより、一時的に火室の温度が上昇し、新しい薪がスムーズに燃えるのを助ける働きもあります。
また、薪の投入タイミングを逃してやや下火になってしまったら、
熾火を補充する意味で太い薪と一緒に中ぐらいの薪も同時投入してあげます。
焚きつけや中ぐらいの薪は着火時専用、という固定観念を持ってしまっている人もいますが、
そんなことはありません。太い薪をくべる際には特に積極的に併用するのが「
薪ストーブの達人」への道なのです。

薪ストーブを上手に焚く、それはスイッチひとつの電気製品にはない楽しみであり、
薪ストーブの醍醐味のひとつです。「ガラスが曇ったって拭けばいいじゃん」というのもアリではありますが、
ちょっと焚き方にこだわってみることも大切です。




022_20111125131716.jpg

いっちゃんに、寝袋とぬいぐるみを買ってあげました。

021_20111125131715.jpg 020_20111125131715.jpg 019_20111125131714.jpg



兼六園 行ってきました。

005_20111125131713.jpg

003_20111125132133.jpg


004_20111125132135.jpg

001_20111125132134.jpg


テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

v-34ぽかぽかようきさん、こんばんは。

お返事遅くなりすみません。

> こんにちは~今日も寒いね。
> でも・・兼六園でのお2人はやっぱりアツアツですよ。

この時だけです。
大人になって(二人)訪れた兼六園、いいですね!

恒例の旅行で、義姉夫婦&F君ご同行の小旅行です。
お部屋も、男性と女性に別れてですよ。


> 真田園さんはやっぱり御主人と一緒だと幸せそうです。

「ア~チッチアチ~!」好きですから?!?
仮面夫婦を通り越した、「仲好し夫婦?」です***

> 2人だけの能登の旅でしょうか?、夫婦2人でという旅、言葉はあまりありませが、それでも主人がそこにいるだけで安心とこの頃思うようになってきました。

そうですね。 でも、なかなか素直に言えません。
二人で旅行したいと。

私達は、あまり夫婦二人だけでは旅行したことがありません。
普段、家で自由に二人でいますので、旅行は皆でワイワイが楽しいのです!

ぽかぽかさんのご主人様は、とても優しくていいですね~
家なんか、私の方が9歳も年下なのに、
夫の方が甘えていますよ***
飲むとき、食べるときだけとっても仲好しになります。


> 私も真田園さんご夫婦のように素敵な夫婦になれたらと思います。
>
十分、私達より素敵なぽかぽかさんご夫妻です。

家は、簡単ですよ!
夫には、お酒のおつまみと、ご飯を作ってやればいいですので、
そして私にはビ-ル、酒を用意して、自由にさせておいてくれるのが
一番嬉しいですから!


> 真田園さんのブログにお邪魔したころ確か昨年2月頃?
> 暖炉の前で暖かそうにくつろぐサスケ君を見た。
> その暖炉のオレンジの火がこちらまで暖かくしてくれそうでそれから真田園さんにお邪魔したように覚えている。

そうでしたね~
もうすぐ3年目ですよね。
本当に親しくしていただき、出会えたことに感謝しております。
今年の冬は暖炉の前にサスケがいないことが、とても寂しいです。


> 真田園さんは、暖炉と同じように人の心に温もりを与える方でした。
>
ありがとうございます。
楽しい人間だと言われます。
夫からは、「あまり近くに寄ると暑苦しいから静かにしてろ!」と言われますが***


> 実家が農家でしたから昔よくお風呂を薪で沸かしました。

実家も、焚き物のお風呂でした。
材木を焚いていました。(父が大工でしたので)
薪のお風呂は、お湯がぬくぬくで柔らかくていいよね~
温泉とは、また違って。
懐かしいですね。


> 火のおこし方は薪ストーブと同じでしたが、お風呂を沸かすのが目的なので「火を育てる」という感覚は初めて知りました。

その当時は、感覚がなかったですが、実際には火を育てていたんですね。


> それと「おきび」って言葉忘れていました。
> 懐かしい言葉です。なんか昔を思い出して心があったかくなってきますよ。
> ありがとうv-238

本当に、懐かしいですね。
こちらこそ、皆さんに昔を思い出させていただきました。
どうもありがとうございました。v-238

Re: No title

v-34サファイアさん、こんばんは。

お返事遅くなりすみません。

> 子供の頃の石炭風呂や練炭、豆炭に火を熾していましたが

私も子供の頃~薪のお風呂、豆炭こたつを熾していました。
お風呂は、お湯が柔らかくて、ぬくぬくしてて、いい湯だったですね。

今はスイッチONで、便利になりました。

そんな中で、これから昔に戻ってスロ-ライフな生活ができれば良いですが。

薪スト-ブは、どちらかと言うと、
田舎、山村地帯でないと薪が値段が高くて大変です。
薪集めも、夏場とかに汗びっしょりかいてやります。
苦労なのですが、冬のぬくもりを思うと、決していやな作業ではありません。

> それらが蘇ってきました!薪ストーブいいな~♪憧れます(^-^)

火を熾す事、今の子供たちは経験ないですよね。
私達の年代が、時代の入れ替わりでしょうか?
懐かしいですね。

どうもありがとうございました。v-290

Re: こんばんは

v-34ネコビ-バ-さん、こんばんは。

お返事遅くなりすみません。

> まきストーブにあこがれ続けています。
> 欲しいと思うのですが、使う時がないという地域に住んでいるので、残念です。

そうですね~
そちらは、暖かい地方ですから***
冬場、こちらにお越しの際は、
是非温まって言ってください。

> 今日発送いたしました。明日の夕方以降に着くと思います。
> ありがとうございます。

お忙しい中、ありがとうございました。
とても、美味しいみかんです。
皆さんに、とても美味しい!と喜ばれています。
美味しいので、すぐ終わってしまいそうです。

収穫作業大変ですね。
お疲れを溜めないように、お体ご自愛ください。

Re: トライする真田園さんに乾杯

v-484しらさぎさん、こんばんは。


> (○´⊇`)σ○o。【こ】【ん】【に】【ち】【は】。o○a(´⊆`○)
>
> お久でした。
>
しばらくぶりでございます。
お忙しいところコメありがとう!

> まきストーブ勉強になりました。

今は、暖かい薪ストーブの部屋に帰ることが出来、幸せです。
2年前までは、奮闘してました。
サスケといっちゃんが待っていてくれたから、まだいいけど、
暗い家に帰り、火をおこすんですが、
昼間誰もいないので、夕方になると、電話が何本も入ります。
付け足しの枝をくべようとすると、人が来ます。
話をしていると、たきつけた火が消えてしまいます。
もう一度初めから火を熾します。
今度は宅急便、そして、また電話、***の繰り返し、
30分かかっても、火がおこせない日が***

夕飯にもしなければいけないし、焦ってきてストレス:::

そのうちに夫が帰って来て、つきっきりで火を熾してくれます。
すぐ、綺麗な炎となり燃え始めるんですよ。 
それだけやっていればいいからね。
お客さんが来ても電話が鳴っても出なくていいんだから。

しかし、何度か夫に教えていただき、コツをつかむと上手に出来るようになり、***

今は、いいですよ!
冬は、日が沈むのが早いので、夫が火の番をして部屋を暖かくしてくれてありますから、
そして、明るい電気のついた家に帰れますから。
一人暮らしの方は、冬は大変ですね。


> 僕んちも、ずっと昔はまきストーブでした。
> いやいや、真田園さんのところにあるような暖炉ストーブじゃないですよ。もっと、やすいストーブだけど。

私の実家も薪のお風呂でした。
父が大工の棟梁でして、作業場には薪ストーブがあります。
角材が一杯ありましたので、薪集めしなくても良かったですよ***
もう父は天国で暮らしていますが、作業場はそのままあります。
焼肉をやったり、卓球をやる場所に変わっています。

> よく、親父と煙突のすす払いをやったことをおぼえています。
> 煙突掃除で最後に長い針金をひっぱると、すすがどばって、雪の上に落ちるのがたのしくてね。
>
楽しそうですね。子供の頃の思い出でしょうか!?
お手伝いが出来るいい子(???)だったんですね!^0^


> さて、真田園さんには頭が下がります。なににでも、挑戦している姿が、僕たちの心の支えです。

そんな事言われると、照れてしまいます。
「毒キノコ」だと言われますよ***
何処へでも顔を出すって! ひどいよね~v-290


> 男だから、女だから、できないってことはないですよね。
> なにごとも挑戦ですよね。
>
それは言えると思います。
今は男性もりっぱにお料理できるしね!しらさぎさんね~

子供に戻って、興味をもたなければいけないですね。
体の体操も大事だし、脳、頭の体操ももっと大事だそうです。


> 今日先輩漁師に言われました。
> 何事も欲がないと、先に進まないんいんだ
> そして、歳をとらないって。

先輩漁師さんのおっしゃる通りですね。

> 僕も今、親方からいただいた、船を修理してます。
> お金はないけど、この船で川カニをいっぱいとって、将来は、親方の後をついで、ヤツメをとる予定です。
>
コツコツと凄いです!
春の楽しみが増えましたね。~~~
川蟹、沢山獲れるといいな~

> 僕も、がんばります。
> 真田園さんもいつまでもお若くありますように。
>
お互いに、今が一番頑張れるとき、
有意義に生きて行きたいですね。
がんばりましょう!

> あ、そうそう、栄ちゃん初誕生日おめでとうございます。
> 早いですね、もう、1歳ですよ。
>
ありがとうございました。
可愛らしい、思い出に残るお祝いの日となりました。

> またまた、いっちゃん、寝袋いいね~~。
> 気持ちよさそう。。。
>
居間にコタツを作りませんので、
いっちゃんに寝袋です。
気持ちよく眠っています。

> や、しばらくぶりに書いたら、もう書くことがいっぱいで終わらないです。
>
> 風邪など召されませんように・・・・。

しぶとい風邪を引いたみたいで、やっと良くなってきました。
どうも有難うございます。

久しぶりにエアロビに行ってきたら、夜が短くて、
もう日が変わってしまいました。

久しぶりで、長い返コメになって終いました。
おやすみ~

Re: 真似できないですよ

v-268EGUTI YOUSUKEさん、こんばんは。

今日は沢山お土産をいただきまして、ありがとうございました。

> 薪スト-ブいいな-とは思いますが、意外と面倒なんですね
> 薪集めから燃やすまでなんちゅう手間の掛かること これは無理だ

始めは大変だと思いますが、慣れてくると楽しくなります。
薪集め、家は山がありますので、いいですが、
買うと灯油代より高くなります。
山の薪の調達は、けっこう運動になります。

> 灯油のF・Fが楽・楽 

FFは、楽です。
薪ストーブは、快楽ですね!


> もう兼六園は雪吊りが終ったんですね、これがまたいいんですよ
> これに雪が積もるのもいいですよ

以前に行ったときは、子供の小さい頃、海水浴の時です。
夏とは、全く違った雰囲気で良かったです。
雪景色も素敵でしょうね!

No title

こんにちは~今日も寒いね。
でも・・兼六園でのお2人はやっぱりアツアツですよ。
真田園さんはやっぱり御主人と一緒だと幸せそうです。
2人だけの能登の旅でしょうか?、夫婦2人でという旅、言葉はあまりありませが、それでも主人がそこにいるだけで安心とこの頃思うようになってきました。
私も真田園さんご夫婦のように素敵な夫婦になれたらと思います。

真田園さんのブログにお邪魔したころ確か昨年2月頃?
暖炉の前で暖かそうにくつろぐサスケ君を見た。
その暖炉のオレンジの火がこちらまで暖かくしてくれそうでそれから真田園さんにお邪魔したように覚えている。
真田園さんは、暖炉と同じように人の心に温もりを与える方でした。

実家が農家でしたから昔よくお風呂を薪で沸かしました。
火のおこし方は薪ストーブと同じでしたが、お風呂を沸かすのが目的なので「火を育てる」という感覚は初めて知りました。
それと「おきび」って言葉忘れていました。
懐かしい言葉です。なんか昔を思い出して心があったかくなってきますよ。
ありがとうv-238

No title

子供の頃の石炭風呂や練炭、豆炭に火を熾していましたが
それらが蘇ってきました!薪ストーブいいな~♪憧れます(^-^)

こんばんは

まきストーブにあこがれ続けています。
欲しいと思うのですが、使う時がないという地域に住んでいるので、残念です。
今日発送いたしました。明日の夕方以降に着くと思います。
ありがとうございます。

トライする真田園さんに乾杯

(○´⊇`)σ○o。【こ】【ん】【に】【ち】【は】。o○a(´⊆`○)

お久でした。

まきストーブ勉強になりました。
僕んちも、ずっと昔はまきストーブでした。
いやいや、真田園さんのところにあるような暖炉ストーブじゃないですよ。もっと、やすいストーブだけど。
よく、親父と煙突のすす払いをやったことをおぼえています。
煙突掃除で最後に長い針金をひっぱると、すすがどばって、雪の上に落ちるのがたのしくてね。

さて、真田園さんには頭が下がります。なににでも、挑戦している姿が、僕たちの心の支えです。
男だから、女だから、できないってことはないですよね。
なにごとも挑戦ですよね。

今日先輩漁師に言われました。
何事も欲がないと、先に進まないんいんだと。
そして、歳をとらないって。
僕も今、親方からいただいた、船を修理してます。
お金はないけど、この船で川カニをいっぱいとって、将来は、親方の後をついで、ヤツメをとる予定です。

僕も、がんばります。
真田園さんもいつまでもお若くありますように。

あ、そうそう、栄ちゃん初誕生日おめでとうございます。
早いですね、もう、1歳ですよ。

またまた、いっちゃん、寝袋いいね~~。
気持ちよさそう。。。

や、しばらくぶりに書いたら、もう書くことがいっぱいで終わらないです。

風邪など召されませんように・・・・。

真似できないですよ

薪スト-ブいいな-とは思いますが、意外と面倒なんですね
薪集めから燃やすまでなんちゅう手間の掛かること これは無理だ
灯油のF・Fが楽・楽 
もう兼六園は雪吊りが終ったんですね、これがまたいいんですよ
これに雪が積もるのもいいですよ
プロフィール

sanadaen

Author:sanadaen
長野県塩尻市でぶどうの観光農園を、家族で営んでいます。

日々の出来事など綴っていきますのでご覧下さい。

秋には美味しいぶどうが実りますので、皆様、ぶどう狩りにいらしてください。

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード