いっちゃん 千の風になって 天高く!

2月1日(水)

信州塩尻は、晴れ 

IMG_0547.jpg

IMG_0545.jpg


いっちゃんによく似た雲を発見

先日まで、こんな格好で寝て居たよね***

IMG_0548.jpg



今、私がいっちゃんにしてあげられることは***

昨夜旅立ちの支度をしてやりました。
それまでに、旦那様はいっちゃんが新鮮なまま入れるようにドライアイスを2回買いに行ってくれました。
いっちゃんの納棺 考えられないけどしなくてはなりませんでした。
段ボール製の棺でということですが、買うと可愛いのもありますが、手作りで作ってあげることにしました。

これは、旦那様が西友で探してくれたキャベツが入っていた箱。
いっちゃんが、収まりそうな大きさの箱を!
綺麗に拭いて、孫のお絵かき用にとっておいたカレンダーを張って作りました。

IMG_0513.jpg  IMG_0514.jpg



朝、お線香をあげてから、大事に大事に納棺してあげました。

IMG_0515.jpg


いっちゃん、旅立ちの時が来たよ!

抱っこしてあげるのも、これが最後だよ ママは寂しくて悲しくて、どうすればいいの?
よく頑張ったね! 偉いよいっちゃん! お疲れ様! ずう~っと大好きだよ!
ママ、もう泣かないからね!
頑張って虹の橋を渡るんだよ! サスケ君が迎えに来てくれるから!
一緒に遊ぶんだよ!
天国に行けば、本当のいっちゃんのママもいるから!

IMG_0518.jpg IMG_0520.jpg

IMG_0521.jpg


パパが選んでくれた箱は、いっちゃんにぴったり!

IMG_0522.jpg

いっちゃんの好きなピンクのお花で飾ってあげました。

IMG_0525.jpg

何枚写真をとっても、涙でボケて上手く撮れない***

IMG_0526.jpg

IMG_0527.jpg


IMG_0528.jpg


いっちゃんに、家でしてあげられることは、***

旅立ちの前に、いっちゃんのために 少し早いけどお雛様を飾ってやろう。

無事虹の橋をわたって行けるように!
天国で怪我や病気をしないように!
みんなと仲良く遊べるように!
願いを込めて

IMG_0534.jpg

IMG_0529.jpg
IMG_0530.jpg
IMG_0531.jpg
IMG_0532.jpg
IMG_0533.jpg


パンちゃん、いっちゃん もういなくなっちゃうよ!

いっちゃんとパンちゃんは、最後まで並んで遊べる仲にはなれず、
ちょっかいを出すパンちゃんは、いっちゃんに「ガ~~~!」と威嚇されてたね。
でも、夕飯の時期になると、パンちゃんがハウスから出て遊ぶのを知っていて、自分から二階へ上がっていってくれたね!
お利口な猫だったね!
そしてパンちゃんがハウスに戻るのを見て、2階から降りてパパママと遊んだね。

ゲージ越しか、どちらかを抱っこして一緒にいるのは、二人並んでいるのは平気だったね!

さようならだよ パンちゃん!

IMG_0535.jpg


出発ぎりぎりに、棺の中のいっちゃんを抱っこして、広いお家の中をぐる~っと一巡り***
いっちゃんは、全部の部屋に居場所があったね! 
トイレの中まで付いてきたし!
お風呂の出窓で寛んでいたし!

いないと思ったら、梯子階段を上って3階のロフトの戸を開けて中で眠っていたこともあったね!
ごめんね~、ロフトには重く登れないから~~~!

夏は涼しい部屋へ移動しながら、冬はぬくぬくと暖かい薪ストーブの前で、
まるで人間のようないっちゃん!

部屋を汚すこともなく、最後まで綺麗な猫ちゃんだったね!



パンちゃんとお内裏様お雛様にお見送りされ、
旦那様が車のクラクションを1っ回鳴らしてくれて、13年過ごした自宅にサヨナラしました。

IMG_0538.jpg




安曇野豊科の山の上にある葬儀場へ

IMG_0541.jpg



いっちゃんは、家に来る前に実家の母の家に一泊お世話になったことがありましたね。
三女が、猫を飼ってることをまだ旦那様に報告できなかったため、大学のアパートに置いてこられなかったとき、おばあちゃんちで預かってもらったいっちゃんでした。

いっちゃんは、赤ちゃんの時、結構旅をしてきたんだね~
そして最後の時も名古屋までパパとママとドライブ頑張ったね!

今日は、安曇野の美しい空の下、真っ白い北アルプスが一面に連なっていましたね。
まるで真っ白いいっちゃんと同じ色でした。

最後のお別れをして***
いっちゃんに、もう泣かないと誓ったのに、また泣いてしまった。
いっちゃんとのお別れのほかに、そんな私を見て、一番切ないのが旦那様だろう***

IMG_0539.jpg  IMG_0540.jpg




待ってる時間は長いが、実際には予定通り30分。

その間、小鳥が窓際に来て、癒してくれた。

14860392240.jpeg

14860392810.jpeg

14860395530.jpeg





旦那様といっちゃんの遺骨を拾いました。
寸前まで病んでいなかったので、骨もしっかりしていました。

成猫に成長してから亡くなるまで4キロの体重を守って元気だった!
20歳まで生きれるね!と思っていたのに。

今年の夏に14歳を迎えるいっちゃんでしたが、骨になってしまいました。



いっちゃん いつもピアノの上から私たちを見てたね!
ここからパンちゃんも見てたね!
窓越しにお庭も見てたね!
高いところが好きだったね!

ピアノの上は無理だから、みんなが見えるここがしばらくいっちゃんの祭壇だよ!

IMG_0564.jpg

IMG_0567.jpg


虹の橋をちゃんと渡れるか心配で夜空を仰いだ。
回りは白い雲に覆われていたが青空が!
空気がとても冷たい 冷え込んできていた
キラキラと輝く星が沢山見える いっちゃんはどの星になるのだろうか?

天からひらひらと真っ白いやわらかいものが舞い降りてきた。
冷たくない 寒くない 私の心が温かくなったような気がした。

いっちゃんの涙だろうか?
いっちゃんの涙は冷たくなかった。

「いっちゃん、ママいっちゃん星をみつけられないよ! どの星になるの?」

「ママ、私は気ままな猫ちゃんだから、その日ママが一番に見た一番星が私だよ!」 といっちゃんが言ってくれた***

ありがとう いっちゃん!



いっちゃんのご冥福を心よりお祈りします  安らかに   







テーマ : 犬猫のいる生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

Re: Re: No title

>v-22EGUTI YOUSUKEさん、こんばんは。

>お返事大変遅くなってすみません。
 

> 生者必滅会者定離は生き物の定めとは言え悲しみは深いですよ

「生者必滅会者定離」***仏教の教えですね。
死を最も身近に意識するのは家族や友人の葬儀の時ではないでしょうか。
犬猫も家族の一員!
動物と同居してる動物家族との別れで、本当に分かる家族の一員と言うことですね。

何に対しても、毎日を悔いのない生き方をしたいものですね。


> 私も何回も永久の別れを経験してきてますが、ペットは家族ですから
> グサッと別れの度にきますよ、可愛い事とこうしてやればよかったって思いは常にありますね、しばらくはペットロス症候群になるけどね
> これはしょうがないよ

ありがとうございます。
いっちゃんとの別れは、とても悲しいものでした。
葛藤と悔いの毎日でしたが、最近やっと落ち着いてきました。
私達ができる事を最後までやってあげたことと、抱っこして看取ってやれたことが救いです。

ペットロス症候群、自分には無関係だと思っていましたが、
いつまでも悲しまないで、明るく元気になることがいっちゃんへの供養になるものと思い元気になってきました。
しかし、まだまだ辛いですね~、しょうがないですね~***

Re: ありがとう、いっちゃん

v-232しらさぎさん、こんばんは。

お返事大変遅くなってすみません。


> エ、うそ~~あのいっちゃんが・・・。
> 言葉もでません。
>

いっぱい応援していただき、励ましていただきましてどうもありがとうございました。


> 頑張ったね、がんばったね、いっちゃん。
> いっちゃんの、かわいい寝顔。
> 最後まで女の子でかわいいね、いっちゃん。
> もう、なんとも悲しいです。
>
こんな悲しい事葉もう辛くて***
でも、いっちゃんは、最後まで頑張ってくれました。
決死の覚悟で臨んだ手術に耐え、生きて家に帰ることができました。

痛い思いをさせて寂しい思いをさせてしまいましたが、私達ができる最後まででした。
6日間と言う命の炎は短かったのですが、最後の最後まで頑張って私たちに生きる!と言うことを教えてくれました。
とても強い勇敢な猫でしたが、最後は可愛い子猫に戻りました。
亡くなったいっちゃんを抱いて眠りたかったです。



> もっともっと悲しいのは、真田園さんご夫婦ですよね。
> よく、教えていただきました。ありがとうございました。
> 僕だったら無理かもしれません。
>
はい、UPするのはとても辛かったです。
未だに、最後の日の事は、記事にできません。


> 13歳、あまりにも早すぎた生涯でした。

はい、20歳まで生きれるんじゃないかと?思っていましたので、とてもショックでした。
獣医さんには、夏で14さいですので、今まで健康で長生きされましたよ***と言われましたが。
急性ってのが可哀想で! 突然の体調不良 動物は最後まで我慢してるんですよ***
未だに、もう一日早く検査してもらったらと後悔は消えませんが***


> サスケ君にところに行って今頃遊んでいるかな?
>
奇遇なのですが、いっちゃんが命の炎を燃えつくした朝、大きな虹がかかりました。
サスケが迎えに来てくれたんだな~?!と思いました。


> もう、いっちゃんのご冥福をお祈りするしかありません・・・・
> いっちゃん、ありがとう~・・・・・そして、さようなら。
>
> 真田園さん、お体大切にね。
>
> 合掌v-421

本当に、ありがとうございました。
私も日々元気を取り戻すことが、いっちゃんの供養にもなるのかと思い、
辛い状態を一日も早く乗り越えてきています。

No title

生者必滅会者定離は生き物の定めとは言え悲しみは深いですよ

私も何回も永久の別れを経験してきてますが、ペットは家族ですから
グサッと別れの度にきますよ、可愛い事とこうしてやればよかったって思いは常にありますね、しばらくはペットロス症候群になるけどね
これはしょうがないよ

ありがとう、いっちゃん

エ、うそ~~あのいっちゃんが・・・。
言葉もでません。

頑張ったね、がんばったね、いっちゃん。
いっちゃんの、かわいい寝顔。
最後まで女の子でかわいいね、いっちゃん。
もう、なんとも悲しいです。

もっともっと悲しいのは、真田園さんご夫婦ですよね。
よく、教えていただきました。ありがとうございました。
僕だったら無理かもしれません。

13歳、あまりにも早すぎた生涯でした。
サスケ君にところに行って今頃遊んでいるかな?

もう、いっちゃんのご冥福をお祈りするしかありません・・・・
いっちゃん、ありがとう~・・・・・そして、さようなら。

真田園さん、お体大切にね。

合掌v-421
プロフィール

Author:sanadaen
長野県塩尻市でぶどうの観光農園を、家族で営んでいます。

日々の出来事など綴っていきますのでご覧下さい。

秋には美味しいぶどうが実りますので、皆様、ぶどう狩りにいらしてください。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード