2016年のボジョレー・ヌーヴォー

11月17日(木)

信州塩尻は、曇のち時々晴れ~ 寒い朝

IMG_8687.jpg

ボジョレーヌーボーとは、フランスのブルゴーニュ地方、
ボジョレー地区で作られる新酒の赤ワインのこと。

”ヌーボー”とは”新酒”という意味で、
ボジョレーヌーボーで、「ボジョレー地区で採れた、新しい新酒」と言う意味になります。

その年で収穫されたブドウで作るため、
ブドウが良質であるかどうかを確認する意味もあり、毎年作られています。

世界中のワイン好きが待ちわびているボジョレーヌーボー。

軽快で渋みがなく、優しい口当たりで、ワインを初めて飲む人でも飲みやすいと評判です。

日本の輸入量はナント世界一位で、 前生産量の約四分の一を占めています。

日本で毎年解禁日が騒がれているのも、ちょっと納得してしまいますね。

ワインというと高価なイメージが有り、庶民的ではない感じがしますが、

ボジョレーヌーボーはお手軽価格で手に入るため、日本人の気質に合っているのかもしれません。



燻製作りの季節!

普段は、料理をしたことない旦那様の唯一のて料理。
小遣いで材料を買ってきて作ってくれます。

IMG_8688.jpg  IMG_8690.jpg

今夜は、準備から!

000000.jpg

私達は、食べる役! (笑)



2016年のボジョレー・ヌーヴォーは、
"日照時間に恵まれた、エレガントで魅惑的なヴィンテージ!"


旦那様が買ってきてくれました。
オージービーフとゴルゴンゾーラ

IMG_8701.jpg

IMG_8698.jpg

ワインは、作り手のこだわりや情熱が伝わりやすい飲み物!
ワインを作る際、どのようなブドウから、どのような製法で作るのかは、作り手の判断に委ねられます。
おいしいワインに出合ったとき、作り手のこだわりが感じられます。
偶然できたおいしいワインではありません。
努力が積み重なってようやくできた、おいしさです。

ワインを飲んでいると、作り手のこだわりをそのまま味わっているような感覚になります。
ワインそのものの味もありますが、そういう味を出すようにした作り手の熱意が伝わってくるような気がします。
そのとき、ふとワインのラベルに目をやると、生産者の名前が書いてあることがあります。
見たことも話したこともない人ですが、ひしひし伝わってくるこだわりや熱意に、感服してしまいす。


IMG_8700.jpg

 こちらは樽ごと輸入して日本でビン詰めされたものかしら?***




二女からのお裾分け

お義母さんから教えていただき作ったそうです。
美味しい~!
すんき漬けにも挑戦してるようです。
どんどん作って、また持って来てね!

IMG_8692.jpg



IMG_8693.jpg


IMG_8694.jpg


IMG_8697.jpg


IMG_8696.jpg


IMG_8695.jpg


IMG_8699.jpg


わたちもお肉がたべたい! とパンちゃん

IMG_8705.jpg


テーマ : 暮らしを楽しむ♪♪
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:sanadaen
長野県塩尻市でぶどうの観光農園を、家族で営んでいます。

日々の出来事など綴っていきますのでご覧下さい。

秋には美味しいぶどうが実りますので、皆様、ぶどう狩りにいらしてください。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード