煙突掃除 真っ黒け!

毎年恒例の煙突掃除をしました。  7月31日 AM

7月31日 017
一緒に二階の屋根に登って、近所を見下ろしたかったですが、扁桃腺で熱が出て、クラクラしたので止めました。

7月31日 012 7月31日 016 7月31日 013
 

雲の間から、おひさまが顔を出しました。あっと言う間に青空に!

例年より早い、百日紅(さるすべり)の花の開花です。

7月31日 015

真っ白い百合の花が綺麗です。
7月31日 014

家の中では***
7月31日 018 7月31日 010 7月31日 019

1シーズンに煙突にこびり付いた灰です。
いつもより少なかったです。  きっと、良く乾いた薪だったのでしょう。
煙突掃除は、必ずやらないといけません。煙突火災の原因にならないように、
管理が必要です。
7月31日 022
知らないうちに、やってくれました! いっちゃん、真っ黒けです。
2階で寝ていたいっちゃんが、知らないうちに降りてきて、
灰の中でゴロニャ~ン
7月31日 020
拭いてやっても綺麗になりません。
後でシャンプーすることに***


「僕もシャンプーして!」

こちらも偉いことになってます。
7月31日 023
「何~に? その手! なんで長袖着てやらないの?
  いっちゃんは、洗うけど、自分で洗いなさいよ!」


自分が怒られていると思い、びっくりしているいっちゃん。
7月31日 021

いっちゃん、明日お誕生日だから、綺麗になろうね!



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

ぶどう園

キングデラ  苗を植えて3年目、今年初めての収穫になります。 これから赤く色づきます

7月31日 002

もう、コスモスが咲き始めました***  看板犬のサスケにも見せてあげたかった!  
7月31日 001 7月31日 003 7月31日 004
ぶどうも食べさせてあげたかったな!


「僕は天国からいつも、見てるよ! ぶどうだって 
  いっぱい食べてもママに怒られないからラッキーだわん!」
  ペロン 
005_20110705124421.jpg 今年7月2日の写真 ぶどう園   現場監督のサスケ 最後の仕事となりました。

 

「百合の花が凄いワン! パパと、ママ、お姉ちゃん達みたいだわん!
  パパ、男一人になっちゃったけど、頑張ってくださいね!
    パパみたいに力強い百合の花だな! 
       ク~ク~これは食べれないようだわん!」

288_20110729142334.jpg
天国でも、食べる事大好きなサスケなのね~!


看板犬サスケからのご挨拶
064_20110712020656.jpg 061_20110712020659.jpg サスケ 027
                 2011年7月6日、朝日の中で 11歳6ヶ月(犬年齢90歳)

「みなさん、こんにちは!  もうすぐぶどう園が開園します。
   ボクは人生、犬生だワン、全うして、今は天国で遊んでいます。
      大勢のお客様から可愛がっていただき、
        いっぱい、いっぱい愛をいただき、
          ありがとうございました。
  
   ぶどう園で、ボクがいなくてもガッカリしないでください。
     美味しいぶどうが待ってます。
        ボクの分までいっぱい食べてくださいね!

   これからは、天国で皆さんの笑顔を見守りますワン! 」


サスケ ぶどう園  昨年、2010年9月下旬の写真 ぶどう最盛期  老犬だけど若作りだね!

生後8ヶ月に看板犬デビュー ~ 10歳11ヶ月まで真田園の看板犬として頑張ってくれたラブラドール犬

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

凄い! 百合 に見つめられ***

                  合体   1本の茎に51個の花が咲く
289.jpg

7月25日 撮影  只今、葡萄園の百合の花が満開です。



293.jpg


294.jpg


288_20110729142334.jpg

290_20110729142333.jpg

295.jpg
ぶどうもこんなに大きくなりました。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

郷 ひろみ GIFT ~40年目の贈りもの~ No,2

HIROMI GO



40年目の節目となる2011年。

最高のステージを作り上げ、華麗に、眩しいほどに輝きを放つ
郷 ひろみさん。



今も輝き続けるトップスター
祝!デビュー40周年!!
元気出してGo!涙ふいてGo!!友達誘ってGo!!!


GO,
カメラは持ち込み禁止です。開始前に携帯電話でステージをパチリ!
こんなに前から郷さんを見れました。
一日経った今でも、夢のようです。
郷
                今回も5列目通路側!
コンサ-ト  すると大きく見えます。 




郷さん、バンドメンバーの皆さん、スタッフの皆さん、
会場の皆さん、ありがとうございました。



歌に聴きほれ、トークにウルウル、笑顔に癒されました。
一年分の元気を頂いた感じです。

本当に最高でした。素敵なステージ。席も5列目。 踊った踊った。汗だくでした。


10月には56歳とは思えない、スタイルとエネルギッシュさ。

会場総立ち、手拍子、手を頭上高く上げ左右に振る、振り回す!

オープニングの『2億4000万の瞳』、もう会場は熱狂の渦と化します。

ここから、2時間30分の夢のような現実の世界がスタートしました。


郷ひろみのエンターテイメント性

彼のステップやアクションの激しさ、また、それがどのように決めれば格好よく見えるか、
喜ばれるかを探求し極めたポーズ、それにスタミナ・体力。そして、歌唱力。
音程、リズム、声量、申し分ないです。
コンサートを見た方は納得していただけると思います。
若いころはそうでもなかったのですが、完璧主義で日々修練したのでしょう。
今回は、鳥肌が立つほどの歌唱力!

彼のサービス精神。
まず、「拍手、ありがとう」「会場の雰囲気や盛り立ててくださる皆様が素晴らしい!」
など、観客を讃え、感謝する。もう、さらに、観客の心を鷲づかみ!さらに、会場が盛り上がる。
それから、MCもうまく、サービス精神旺盛で面白い!
連発する天然親父ギャグ


デビュー当時から40年間ファンの方、20年前からの方、***10年前からの方、
5年前からの方、40年前ファンだったけど途中何処かへ行って、最近また戻って来てくれた方、
この前の、EXILEとのコラボを見て好きになってくれた方、好きじゃなかったけど今日コンサートに
来てくれた方、皆さんに感謝をこめて歌います。***

「今年は全部シングルカットされた曲です」
         ・
         ・
         ・
「ただ今の2曲もシングル曲で……隠れた名曲です。……    (6曲目、7曲目)
 いえ、隠れる必要はなかったんですが(売れなかった)……私の力が足りなくて……」

 場内、爆笑!~~~


1.2億4千万の瞳
2.バイブレーション
3.セクシーユー
4.花とみつばち
5.いつも心に太陽を
6.Kissが哀しい
7.男が恋に出逢うとき
8.僕がどんなに君を好きか 君は知らない
9.獣は裸になりたがる
10.Good times, Bad times
11.男願 Groove!
12.君だけを
13.言えないよ
14.逢いたくてしかたない
15.愛してる
16.このメロディだけは

アンコール
17.男の子女の子
18.お嫁サンバ
19.GOLDFINGER '99
20.笑顔にカンパイ!


スタートから踊る踊る!だって1曲目からジャパンよ(笑)
客席はほとんど女性で、40代~60代がメインかなぁ。
男性も大勢見えたけど、80歳くらいのおばあちゃんも! お坊さん、尼さんたちも!
もちろん、若い女性も大勢***
アイドルのノリだね。ペンライト持ってる人もいた。
それから、全曲といっていいほど、客が参加できるようになってる。
合いの手、ゴーゴーヒロミ!が、練習したかのようにマッチして!

そして55歳とは思えないほどよく踊る!

ステージはX字に階段があって、バンドは両サイドで演奏。
凄い迫力で、床を伝って心臓まで響く。
照明が、また凄い! 言う事なしです***


元気な曲もいいけど、バラードも最高!
まぁこれだけ長い間支持されるんだから、納得なんだけど
毎年上手くなってきて、たぶん70,
80歳くらいになってもHIROMI GOでいることでしょう。確信 !

永遠のアイドル HIROMI GO~!!!

それから、MCが相当面白い!
結構愛嬌ありで、話せば親近感も出てきます。
最近、歯の矯正を始めたんだって。ほぼ完璧な歯並びだけど、95点!気になるところがあって
100点を目指す為だそうな。これぞ永遠のアイドルですね!
でもその器具のせいで、頻繁に噛んでたけどね。(笑)

バラードの前にはちゃんと座らせてくれて、さすがはベテラン。
最初のラストも座ったまま終わったなぁ、そういえば。
衣装チェンジが2回ぐらいあったかな。アンコールは派手派手のオレンジスーツ!

君たち女の子ゴーゴー 僕たち男の子♪ ゴーゴー

でも一番良かったのは、アチチーだね!
すごいの、客席みんながアチチアチーをやるの!!
バンドにギターとサックスの人がいて、この2人がみんなにこう踊れっていうのを
やって見せてて、それを見てみんな真似してやる感じ。
初めての人だって踊ってる!

ラストは、笑顔にカンパイ!新曲ね。
この曲は振り付け指導みたいなのまであり(笑)
だからほぼ完璧でした☆間奏で客席ウェーブまで回るのよー
ハイハイハイ!のときの振りもピッタリ!
この曲は良かったな~ みんなが一つになってゴールしたって感じでした。

全部で2時間半ぐらい。
空席はなく、後ろまで埋まってた。さすがは Hiromi Go!

そういえば途中でプレゼントを投げてたな~。
頭の上を通り越して後ろの席まで飛んでいったけど、何が入ってたのか気になるな~



僕の夢、昔ははっきり言って分かりませんでしたが、最近これが夢、希望だと気が付きました。


ファンの皆さんのために、郷 ひろみ であり続けること。



HIROMIさんのファンで良かった  
  素の自分になったり・・・タイムスリップできたり・・・




歌手としても ずっと上を向いて走り続けてくれていたから~ 
  デビュー40周年が、こんなに素敵なエンターテイナー郷ひろみで・・・


                                         

                               
    

             





テーマ : 郷 ひろみ
ジャンル : アイドル・芸能

HIROMI GO! 行って来ました。 No,1

今年はデビュー40周年の記念の年。



タイトルの『GIFT~40年目の贈り物~』には

長年応援し続けてくれたファンへの

深い感謝の気持ちがこめられていました。




かなりエネルギーを消耗するHIROMIのコンサート。


会場の駐車場は満車状態。ところが、眼の良い姪が空きを見つけ、

二人で走って陣取り、強引な私がガ-ドマンに交渉!

ラッキ-! このチ-ムプレ-の良さ、すばやく駐車する事ができました。


外は暑くて、コンサ-ト前から汗汗汗

水分補給にエネルギ-補給!

それに備えるために、立ち寄った長野駅ビルのイタリアンで生ビ-ル



どう見ても、私と同じニオイのする女性たちで

大繁盛でした。



2011年 7月24日(日)

今回は、姪 おうちdeパン  のkazuneiさん、kazueiさんの父方の叔父さんF君と、
母方の叔母=私の3人で参加です。
F君は勤務先の上司で、いつもお世話になっている義兄で、温泉仲間の一人です。
と言う事で、身内同志の弾丸ツア-となりました。




皆さん初めてのGOコンサ-ト、私にお付き合いです。とても嬉しそうですね~。

「本当に楽しいんですね、郷さんのコンサートは・・・」と私***



心はウキウキルンルンで、会場に向かったのでした。




今年はオープニングからアップテンポの曲のメドレー。

「2億4000万の瞳」がら始まって、もちろん総立ちで

   みんな、踊る踊る    



いきなりテンションMAX!

汗タラタラでした。



中でも「花とみつばち」の

ゴーゴーゴーゴー レッツゴー ヒロミ!の掛け声が

たまらなく好き!!(同世代の皆様、懐かしいでしょ~)

どうでもいいけど~ゴ-! 帰るのいっるの~ゴ-! 夜~明けだよ~ゴ-

 眩しいのは裸の胸っさ~ ゴ-ゴ-ゴ-ゴ- レッツゴ- ヒロミ! 


会場も揺れるくらいの大合唱でした。




お腹から思い切り声を出すって

本当に気持ちいいね~~




でも・・・

MCになった時、何だかHIROMIのトークが

妙にカミカミなのが気になってました。



こんなに滑舌悪かったっけ? 疲れてるのかな?

具合悪いのかな?と少々心配に。



でも実はそれにはワケがあり・・・。


今、歯を矯正中なのだそうです。




しかし彼の歯並びはとても美しい。


なのに何故?と皆疑問に思うところです。



本人曰く95%歯並びは素晴らしいのだそう。

でも後の5%が気になる。

だから今回、一大決心して

ミリ単位での矯正に踏み切ったとのこと。



ミリ単位ですよ~!



きっと人から見れば全くわからない範囲です。




でも彼のHIROMI★GOとしてのプロ意識が

その妥協を許さなかったんですね。





彼は言っていました。


ファンの期待を裏切ってはいけないのだと。

いつまでもHIROMI★GOであり続けるために

自分を磨き、

進化し続けていかなければならない、と。



数年前には右利きから左利きに変えるための

訓練を重ねた彼。



右ばかり使い続けると、体のバランスが悪くなるから。



踊るには体の左右のバランスと、中心軸がとても大切だからだそうです。



「もし右手を骨折しても、左手で何でもできるじゃない。便利だよね~。アハハハハハ」

そう軽く言ってのける。すごいですね。



今では日常で使うメインは左手なのだとか。


左手でサイン! 左手で食事をするのが、TVに映っていましたね***




また最近では、元々柔軟な体を更に柔軟にと

新たなストレッチトレーニングをやっているそうです。




この年でも、やればまだ進化していくものだと語るHIROMI。




凄まじいプロ意識を感じました。




・・・そして、

しっとりとした素敵な歌詞のバラードを

見事に歌い上げる彼の姿に

スター HIROMI★GOとして生涯生き続ける「覚悟」 を

見た気がして、ジンとしてしまいました。


バラ-ド曲最後の「このメロディだけは」

全身全力で歌ってくれて、座って聞いているのに腰が抜けそう!

息が止まりそう!

鳥肌が立ってきそうなくらい、HIROMIと私の二人だけの世界でした。




コンサートの最初と最後に

繰り返し彼が言った言葉です。



~歌には人を元気にし


 勇気を与える力があると信じている。



 僕は歌手だから


 その歌で


 たくさんの人に元気を送り続けたい~





私にとってHIROMIのコンサートは

ただ楽しいだけじゃない。


新たな活力を与えてくれる

かけがえのない時間なのです。




人生、楽しいこと、苦しい事、辛い事、いろいろあります。


苦しいことの方が多いかもしれない?


最悪そんな時、人生を放り出しては絶対にいけない!


生きていなければ!


自分から生きる権利を捨てたらいけない、


生きてさえいれば、太陽の出ない朝はないから***  by HIROMI




「ありがとう、HIROMIさん!」





2時間30分のコンサ-トが終了

みんな感動してくれて、郷さんを好きになってくれたみたい!

とっても嬉しいです。


帰りは、義兄のおもりで、蟹専門店でご馳走していただきました。


「お疲れ様でした~ 乾杯!」


 またまたビ-ルが美味しい真田園でした


みんな、ありがとう! 

テーマ : 郷 ひろみ
ジャンル : アイドル・芸能

頑張った いっちゃん!

7月10日(日)朝 動物病院へ 

「よく、すぐ連れて来てくれた!
 猫を見ればよく分かるが、大事にされてる猫だな~!」


「はい、有難うございます。先生、それよりいっちゃんをお願いします。」


「今できる事をするしかないな! 可哀想だが麻酔なしでやるからな!」

頭に轡(くつわ)をかぶせられ、紐で体を縛られて、これから何が始まるのかと思ったら、
傷の洗浄、消毒開始でした。
猫の皮膚は、皮がすぐくっつくそうですが、大きな穴が空いていて、
かなり大きな動物に噛まれたようで、大きな傷が痛々しい***
消毒液も相当沁みるみたいです。


 「飼い主さんは離れてな。
 噛みつかれると、人間の方が厄介なことになるんでね!
 興奮しているから、飼い主にも凶暴になるで!」



今まで聞いた事のないような凄い声を出して泣き叫び、
首が千切れそうなくらい振りたくり、荒びて轡は飛んで行く騒ぎ。
体が半分によじれそうな位ひねって、どうにかなりそう!


 「もう、止めてください! いっちゃんが死んじゃいます!
   いっちゃんの気が狂ってしまいます!」
 



「今、できる事なんだよ! これで生きるか死ぬか!
 腹の中が腐ってきたら10センチ以上開いて手術になる。
 その時は麻酔をしなきゃならんが、それに耐えられるか?!
 今、頑張ってくれないと!
   心配するな! わしは、こういうのを何十年も診てきたから、
      慣れてるから大丈夫だ! 離れてろ-!!!」」 


市内では古い動物病院で、70歳代くらいの元気な獣医さんの言葉です。


心臓の毛を三つ編みしていると言われる私は、足がガクガク腰が抜けそう、
娘たちは、何も言えず涙を出して見守っていました。

背中に皮下点滴と、首に抗生物質の注射をしていただき、やっと落ち着きましたが、
風船のように膨らんだ背中は、とても痛々しい姿でした。

10日分の抗生物質のお薬を処方していただきました。
「この薬は、オレは飲んだ事ねえだが、とても良く効く薬だと、
  ここに来る人、みんな持っていくで。
   しっかり飲ませてやってくれ!」


「今、できる事をやったで、治るか治らないかは、五分五分だで、
  後は、猫の生命力と、自分で生きる力だ!
   傷が化膿しなければ大丈夫だが、元気になる事を祈っているでね~
    お前、頑張るんだよ!」



「ところで姉さん、一応名前と電話番号教えてもらえるかい!」

「はい、猫の名前と年齢はいいですか?!
 雌猫で、1歳の時に避妊手術してありますが***」

何だか順番が逆じゃないの?って思いましたが***


初めてお世話になった動物病院。
建物も民家並み、整った近代設備があるわけでもなく、
看護師、助手も居なくて、今時年中無休で開業してる。
内心、とても心配でしたが、永年の経験を元に動物の気持ちになって
診察していただきました。
いい先生に出会えた感じでした。

「息子は東京で、動物病院を開業してるが、
 こっちには帰ってきそうもないので、
  この病院は、オレでおしまいだけど、しょうがねえな~」


いきなり世間話に! いっちゃんは、かごの中で静まり返っていた。

「夕方は畑に行って、じゃがいもを掘って東京の孫のところへ
 送ってやるだよ。 孫はかわいいでね~~~」


いつの間にか、優しいお爺ちゃんに変わっていた獣医さんでした。




苦しかったけれど、

いっちゃん、頑張ったね!
いっちゃん 006



「あたい、ちょっと昔は女の子よ~! ママと同じで可愛いでしょ???」
八重桜 016
三女が学生で一人暮らしをしていた時、大家さんに秘密でアパートで飼っていた猫。
生まれて間もなく、友達の家を転々とし、娘のところにまわって来ました。
その時、私達は大反対! 元の家に返すように説得しましたが、飼えないと言われ、
自分が飼ってあげないと、野良猫になって死んでしまう***と。
そのまま飼っていました。卒業を目の前にして、実家に帰ることになり、父親を説得!
犬も居るし、家も新築したばかりだし絶対だめだ!と言われても、
とうとう連れて帰って来てしまいました。

猫には、私の名前をつけて暮らしていた三女。
一生懸命勉強して、アパートに帰るのが楽しみだったみたいです。
可愛い子猫が、にゃ~んと出迎えてくれたので、寂しくなかったようです。

「おかんと同じ名前の猫だよ! おかんの代わりだよ!
 その猫を、置いては帰れないから***」

「おとう、おかんを捨てられるのか?」
極めつけの言葉に、夫も負けました。

さすが、末っ子の悪智恵(要領の良さ)計画的だと感心してしまいました。
後から分かりましたが、三姉妹でどうやったら説得できるか考えたそうです。

親の知らないところで、姉妹会議がされていて!

そうやって、我家に仲間入りした いっちゃんです。


「時々脱走ばかりするので、ケ-ジに入れられちゃうけど。」
いっちゃん 001

「サスケ君がいなくなって、いち 寂しいよ~」***猫パンチ!


「寂しいところにダブルパンチ!  でも、あたい負けないわ~」
いっちゃん 005

「サスケ君のおっきなケ-ジで、集中治療だにゃん***」003_20110715135203.jpg 002_20110715135203.jpg いっちゃん 007

「何も食べたくないよ~ お薬も飲みたくないにゃん~」


いっちゃん 010


011_20110721164809.jpg

008_20110721164810.jpg

009_20110721164810.jpg 012_20110721164807.jpg 010_20110721164809.jpg

緊急医の獣医さんのおかげで、いっちゃん命をつなぐことができました。
ありがとうございました。

治るの、治らないの、五分五分だと言われました。
そして、 「この子の生命力、生きる力だ!後は、祈るだけだ!  と***

傷は化膿することなく、回復に向かいましたが、
ご飯を全く食べなくなり7日間。
ストレスが重なったようです。

今度はかかり付けの獣医さんにバトンタッチ。
点滴は最後の手段。
自分で食べようとする気にならないと、生きていけないと言われ、
一口でも良いので口に入れて飲み込ませるように。
抗ストレスホルモン剤と腸内環境を整えるお薬と、流動食を頂き、
少しづつ与えました。


口からの点滴、高栄養価の流動食を与え始めて二日経過。
キャットフードを3粒食べてくれました。
その後、5粒、6粒と増えていき、とうとう自分の意志でご飯が食べれるように!

いつの間にか、穏やかな顔になり、ゴロゴロお話も出来るようになってきました。

良かった! 本当にいっちゃん頑張ったね。

私達も、目の前が明るくなりました。
サスケ、いっちゃんを守ってくれて、ありがとう!

元気になった今でも、玄関でサスケの帰りを待ち続けるいっちゃんです。


どうやって、説明すればいいのか悩む真田園です。


大勢の方から心配していただき、応援していただき、
本当にありがとうございました。

そして、最後までお付き合いしていただき、ありがとうございました。 




テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

大変でした。

7月9日~10日の深夜の出来事

いっちゃん 019


いっちゃん 012


夫が怒ります。

「捕まえたら、敵をとってやる!」

「いち、大丈夫か? いちをこんな目にあわせた奴を捕まえたら、
 ただじゃ置かない! いちの敵をとってやる!」


いっちゃん 015
「何てことを言うの! 今は、いっちゃんの事だけ考えて!」

「いっちゃんの命の方が大事でしょ!」


006_20110715135201.jpg



「ハクビシンに違いない!」 

いっちゃん 023
いっちゃんに、お薬を飲ませる時に引掻かれました。

真っ赤に腫れて、抗生物質の薬で治りました。
いっちゃん 021 
私の名前もいっちゃんと同じ***
夫が心配しているのは、愛猫のいっちゃんです。


かなり深い傷でした。 何か大きなモノに噛まれたようです。
緊急医は、サカリのついた雄猫と、***
かかりつけの獣医は犬だと、***
夫は、ハクビシンだと!
どちらにしても、連れ去られなくてよかった。
お腹を噛まれ、食べられてしまうところだった。
いっちゃん 004
とっさで相手に噛み付いて、身を守ったいっちゃん。

獣医さんによると、気が強かったから、相手も逃げて行ったと!
こんな可愛い顔をして、お腹を噛まれてやり返す事ができたとは!~と。

私は、噛み付いた事のないサスケが、いっちゃんと一緒に
噛み返して、守ってくれたんだと思いました。

 


7月9日、深夜  ウッドデッキでいっちゃんの悲鳴が!

6日に亡くなったサスケとの悲しみの中、日常の生活は続きます。
悲しい事もあれば、嬉しい事も。

三女の婚約発表で楽しい時間を過ごした夜、
夜中に、今度はいっちゃんが***

家族で楽しい時間を過ごしている間、いっちゃんは、サスケの居なくなったお部屋で
一人でお留守番猫をしていてくれました。

家族が帰った途端、脱走好きないっちゃんは、夜の闇へ飛び出してしまいました。

暑かったから、涼しくなったお庭でひと遊びさせてあげようと***
私達は、ゴロンと横になったまま、いい気分で夜中までうたた寝 
いっちゃんも、ゴロンと横になっていたんでしょう

サスケが居なくなってから、三日目の出来事でした。


聞いたことのない、凄い悲鳴!
目の前のウッドデッキで、いっちゃんが***
喧嘩と言うより、一瞬の出来事!

相手は、暗闇に消えていったようで、いなかった。
ウ~と威嚇したうめき声を挙げながら、
生前サスケが座っていたウッドデッキの真下で震えている。

怖かったんだろう、可哀想に。
「いっちゃん、おいで!」と呼んでも、私達にまで威嚇して出てこない。

しばらくして、部屋に入ったいっちゃんは、凄く興奮していたまま。
体を洗ってあげようと抱っこしようとすると、大きな声で私にまで威嚇する。
口に、真っ黒い毛の塊が付いたまま、体に傷があるようだが、血は見えない。

襲われた時、相手に噛み付いたんだろう。
元々気が強い猫で、もうすぐ8歳になるいっちゃんは、
今まで、脱走しても、一度も傷をして帰ったことがないほど、
避妊猫のいっちゃんは、雄猫と喧嘩をしても、負けたことがなかった***


日曜日、緊急医へ。
手当てが遅れると、命に関わっていたそうです。

続きは後日***

テーマ : ガンバレよ!☆ヾ((`・∀・´)ノ
ジャンル : 日記

喜びも悲しみも往く歳月

7月9日(土)

婚約発表
三女が遠距離恋愛を実らせました。
おめでとう!

7月9日(土)夜 会食会が行われました。
082_20110712020657.jpg


サスケとの永遠のお別れで、悲しみのどん底の中でしたが、
昼間は、三重県からブロ友のネコビ-バ-さんが尋ねてきてくださり、楽しい時間を過ごし、
夜は、娘の婚約発表で、美味しいお料理とお酒で会話が弾み、
暗かった真田園も、ほんわかサスケの大往生の旅立ちを、やっと冷静に受け入れられるようになりました。



その三女が、亡くなったばかりのサスケの写真ばかり見て悲しんでいる私に、
サスケの赤ちゃんの頃から小さい時のアルバムを見せてくれました。

それを写真に撮っての画像です。 ピンボケだけど***  サスケ可愛い~!
078_20110712021016.jpg

073_20110712021014.jpg

074_20110712021221.jpg

実家の弟家族の「こんた」も一緒!
同じ年のコ-ギ-のこんたとは、愛称がとても良かったです。
こんたは、6月に一足早く、天国に旅立ちました。
天国で、一緒に遊ぶんでしょう!
075_20110712021221.jpg 1歳で成犬に!

こんなに可愛かった少女も大人になって***
080_20110712021015.jpg 081_20110712021015.jpg 072_20110712021014.jpg
                    21ゼッケンは、少しぽっちゃりぎみの私 11年前の春

小さいながらとても賢かったサスケ、訓練して大会に出るように薦められました。
考えましたが、サスケは真田園の看板犬に!
081_20110712021015.jpg4ケ月で公園デビュ-

パパに似て、グラマ-なお姉さんから目が離せません。
079_20110712021016.jpg

080_20110712021015.jpg
家族と共に大きくなったサスケ、
サスケと共に大きくなった娘たち、
家族の歴史ですね~

娘たちも無事成長してくれました。

こんなに小さかったサスケが***

サスケ ありがとう!

サスケ 028
サスケ 027


娘たちが、それぞれサスケの写真を持ってきて飾ってくれました。
061_20110712020659.jpgでこぽんジュ-ス


064_20110712020656.jpg
二女が昨年の看板犬サスケを大きくしてもってきてくれました。
英ちゃんも、可愛い顔をして来てくれます。




6月末、ブロ友のネコビ-バ-さんが夏みかんを贈ってくださいました。
004_20110712022300.jpg
ジュ-シ-で、ちょっぴりすっぱくて美味しいみかんをご馳走様でした。
甘さが後からついてきます!


亡くなる1日前の朝、サスケの瞳が輝いていました。
前夜、何も食べてくれなくなったサスケに、夏みかんをあげてみると、
もぐもぐ口を動かしてくれました。
お水しか飲んでくれなかったので、もう最後かと思って、
冷凍保存のナガノパ-プルを溶かしてジュ-スにしてあげました。
葡萄を思い出したのか、とても嬉しそうな顔をしました。
ヨ-グルトもパンも食べてくれました。
002_20110712022300.jpg
お散歩の次に、「食べるが命」と言ってもいい位、食べたがりのサスケが、
何も食べないで行ってしまうなんて、可哀想!と思っていましたが、
朝はこんなにも、生き生きした顔になりました。

そして翌日、雨上がりの朝、朝顔の花を前に、清らかな空気を吸って旅立ちました。
サスケ 016
7月6日(水) AM6時の時のサスケを迎えに来てくれた「おひさま」
サスケ 019
最後の息をしてたんだね~! いい日を選んだサスケでした。 11歳6ケ月(90歳)








長女がワッフルを焼いてくれました。 レストランのデザ-ト見たいです。
070_20110712020657.jpg


068_20110712020658.jpg
ショックで泣いてばかりで何もできませんでしたが、
長女が買い物から食事の支度まで全部やってくれました。
助かりました。
「どうもありがとう!」
早くお嫁に行くようにと言っていたけど、こんな時だけ側にいてくれて良かったと、
わがままな真田園です。

テーマ : 今日は何の日(記念日)
ジャンル : 日記

プロフィール

sanadaen

Author:sanadaen
長野県塩尻市でぶどうの観光農園を、家族で営んでいます。

日々の出来事など綴っていきますのでご覧下さい。

秋には美味しいぶどうが実りますので、皆様、ぶどう狩りにいらしてください。

カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード