FC2ブログ

NHK連ドラ「おひさま」

こちらは、今夜の三日月です。 上弦の月でしょうか?
三日月 005

帰宅途中、長~い信号待ちでパチリ!
三日月 002

三日月 006

三日月 007   三日月 009
夜7時、家の玄関窓で、いっちゃんが待っていてくれます。

あ~、今日も無事一日が過ぎようとしています。


今夜は三日月でしたが、昼間は、NHKの連ドラ「おひさま」をみました。

あらすじ
「おひさま」は、戦前から戦中、戦後を通して生きた女性を描いていきます。
主人公は決して、何か大きなことを成し遂げたりしたわけではありません。
普通に人生を紡いできた女性です。
描かれる時代は激動の時代ですし、もちろん戦争は登場人物たちの人生に大きな影響を与えます。
ですが、どんな時代であれ、人は生活をしています。
そこにはつらいことだけではなく、喜びや笑顔もたくさんあったはず。
このドラマはそんなごく普通の生活者たちを描いていきます。
戦前、戦中、そして戦後を懸命に生きた一人の名もなき女性。
少女として、女の子として、女性として、妻として、嫁として、
そして母として、懸命に幸せを求めて彼女は生きていきます。

ヒロインたちの生きる舞台は、安曇野、松本です。
深く美しく、またどこか知的な香りのする信州の風景とともに***


 

【発見のある朝ドラを】
 
【物 語】
 ~戦前、戦中、戦後を生きた女性の一代記

[戦前]
 病気の母との最期を家族で過ごすため長野県安曇野にやって来た少女、須藤陽子は母と見たそば畑一面の白い花と「おひさまのようにいつも笑って世界を明るく照らす」という約束を胸に少女時代を過ごします。やがて世の中が戦争へと向かう時代に、それでも明るく青春時代を駆け抜けます。

[戦中]
 尋常小学校から国民学校へと変わった昭和16年、陽子は念願の教師となります。生徒たちの笑顔を守りたいと奮闘する中、陽子を取り巻く人々にもそれぞれの転機が訪れます。そして、陽子は松本市にあるそば屋にお見合いにより嫁ぎ、戦地へ赴いた夫のいない婚家で、教師を続けながら姑との生活が始まります。「家の中では笑って暮らしましょう」とたくましい姑との係わり合いに、陽子は忘れかけていた生きる喜びを思い出します。姑が大切にする家族や近所の人たちとのつながり、そしてそば。守るもののある心強さを陽子は受け継いでいきます。

[そして戦後]
 ようやく復員した夫との初めての生活が始まります。ぎこちなく、やがて互いを思いやるあたたかな家庭をはぐくみながら、母となった喜びをかみしめます。教師を続けながら、夫との二人三脚で家業と子育てに泣き笑いの日々。そして混乱した世の中、孤独と貧しさに生きる希望を失ったかつての教え子たちの消息を知り、その笑顔を取り戻すため、陽子は第2のステージを歩き出します。夫や姑に教えられたそばのあたたかな味。畑を取り戻し、教え子たちと心を込めてそばを作ります。まごころの味を届ける女たちの小さなそば屋はやがて人々を明るく照らす希望の場所に変わっていきます。

 

【ドラマの舞台】
 長野県のほぼ中央に位置し、雄大な北アルプス連峰と川に抱かれた安曇野
清冽な水と豊かな自然が人々を育んできました。
 そして安曇野でも、松本でも有数の産地として知られる信州そば は、古くから貴重な食べ物として人々の生活を支えてきました。
 地上デジタル放送完全移行期に臨み、郷愁と生命力にあふれた壮大な自然とともに生きた女性の半生をスケール豊かに描きます。

*長野県が連続テレビ小説の主な舞台になるのは、「水色の時」、「かりん」に次いで3回目です。

 

【放送予定】
 4月4日~(全156回)


うふふ  安曇野は、若い頃、私の縄張りだったんです!
ニャ~ゴ!



久々に、連ドラにハマリそうです。



027_20110406092717.jpg

4月6日 日の出


テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

プロフィール

sanadaen

Author:sanadaen
長野県塩尻市でぶどうの観光農園を、家族で営んでいます。

日々の出来事など綴っていきますのでご覧下さい。

秋には美味しいぶどうが実りますので、皆様、ぶどう狩りにいらしてください。

カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード