JRで日本縦断

4月12日(土)



8日(火)朝から、旦那様と旅行に行って12日夜帰ってきました。

留守の間、皆様にご訪問していただき、ありがとうございました。

最北端・稚内駅と宗谷岬から、
最南端・西大山駅と長崎鼻まで、車窓から楽しむ列車旅!

塩尻駅より出発して、新幹線から特急列車、急行列車まで20回乗り継いで、
列車旅の醍醐味でもある駅弁を堪能しながら車窓を楽しむ5日間の夫婦旅から帰りました。

01.jpg

二人合わせた年齢が88歳以上の夫婦、
フルムーンチケットで5日間まで電車に降り放題***

DSC02188.jpg


DSC02189.jpg DSC02190.jpg DSC02192.jpg

DSC02191.jpg


DSC02179.jpg



日本最北端の駅
DSC02181.jpg

DSC02182.jpg



指宿のたまて箱3号

DSC02186.jpg

DSC02187.jpg



日本最南端の駅
DSC02184.jpg

DSC02185.jpg





5日間の旅を終え、無事家に到着。
パンちゃんが、尻尾をグルグル回して窓越しにお出迎え。
いっちゃんが、玄関でお出迎えしてくれました。

そして沢山の宅配物***
自分たちが送った着替えと、北海道から宅配したお土産品、その他。

DSC02003.jpg DSC02004.jpg DSC02005.jpg DSC02006.jpg DSC02007.jpg DSC02008.jpg DSC02012.jpg DSC02013.jpg 

こちらは、ブロ友のネコビーバーさんからのデコポン。
いつもありがとうございます。 
DSC02014.jpg




最北端・稚内駅と宗谷岬から最南端・西大山駅と長崎鼻まで
車窓から楽しむ列車旅!日本縦断5日間***

つづく

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

(一日目)札幌の夜

4月8日(火)

早朝からの列車の長旅の慰労は***

すすきのへGO~!

135_20140415185428af5.jpg

134_201404151855161b1.jpg



137_201404151855182ab.jpg

139_20140415185520f94.jpg


140_20140415185521cb5.jpg

141_20140415185523f01.jpg


この居酒屋に入ってみようか!
173_2014041518584313e.jpg

174_2014041518590525f.jpg   172_201404151858415ed.jpg

171_2014041518584012b.jpg



142_20140415185546c24.jpg   158_201404151857122fd.jpg

146_20140415185552ffc.jpg
 

お疲れ様でした 乾杯~!

143_20140415185547a55.jpg 145_2014041518555144b.jpg 144_20140415185550025.jpg


149_201404151856243a0.jpg 151_20140415185709871.jpg 147_20140415185621861.jpg




161_20140415185715451.jpg

170_20140415185837ae0.jpg




163_201404151857562c4_2014041802060606b.jpg 166_20140415185801583.jpg 




         167_20140415185802ab7.jpg 169_20140415185837e06.jpg



165_201404151857599cb.jpg

新鮮で美味しかったね!

ご馳走様でした。



次は、サッポロラーメン食べようか!
175_20140415185907dd4.jpg

176_2014041518590882d.jpg   177_2014041518591069e.jpg


なんと、出てきたのはこれ!
こんな大きなチャシューは初めて! びっくりしました。
残さずに完食~、お腹いっぱ~い 
178_201404151859114fa.jpg

ご馳走様でした。



帰り道
「もうすぐ55になるから、ちょっと待ってよ~!」 と私

「北海道まで来てGOGO~か! しょうがね~な~~~」 と夫

180_201404151859597c1.jpg


181_20140415190000b46.jpg

作詞・作曲:浜口庫之助、唄:石原裕次郎



1 時計台の 下で逢って
  わたしの恋は はじまりました
  だまってあなたに ついてくだけで
  私はとても 幸せだった
  夢のような 恋のはじめ
  忘れはしない 恋の町札幌

2 はじめて恋を 知ったわたし
  やさしい空を 見上げて泣いたの
  女になる日 だれかの愛が
  見知らぬ夜の 扉を開く
  私だけの 心の町
  アカシヤも散った 恋の町札幌

3 淋しい時 むなしい時
  私はいつも この町に来るの
  どこかちがうの この町だけは
  なぜか私に やさしくするの
  恋人なのね 故里なのね
  ありがとう私の 恋の町札幌


昭和47年(1972)のヒット曲。

この年、アジアで初めての冬季オリンピック第11回大会が札幌で開かれました。
それを盛り上げるために、札幌を舞台とした歌がいくつか作られましたが、これもその1つです。

この年はまた、横井庄一元軍曹がグアム島から「恥ずかしながら」帰還し、
凄惨な連合赤軍事件が起こり、沖縄が返還された年でもありました。


artworks-000076196625-k88sjf-t500x500.jpg


「だまってあなたについてくだけで……幸せだった~」が、

今じゃ~「だまって俺について来い!」 と夫

「それは無理だわ! ついてくるのは贅肉だけよ~」 と私


後は、ご想像にお任せします。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

① 自宅~札幌駅

4月8日(火)


4泊5日の列車の旅の始まりは! 塩尻駅より

徹夜で、家の仕事を済ませ、旅行の用意をして***
迎えのタクシーを玄関前まで出て待っています。

5時59分発の電車に乗るので、余裕を持って来ていただくように、
旦那様が前日に、Nタクシーに予約してありました。

自宅から駅まで、急ぎで10分!(私の舞うような機敏な運転で)
ホームまでの時間を計算すると、余裕を持って5時35分、
遅くても40分には、自宅を出発する事に。

タクシーは、30~35分には自宅前に来ていただく予定でした。

それがそれが***
35分を過ぎても来ない!

「電話して!」 と私

「頼んであるからもう来るよ!」 と夫

40分になっても到着しません。

「電話して! 速く!!」 と私

旦那様が、「電話をすると着いています。」 とドライバー

「10分も前から家の前に待ってるけど、何処にいるの?
 なんでもいいから速くしてください。」 と夫


45分になっても来ない!***

「ちょっと大丈夫なの?! 本当に来るの?」 と私


旦那様 顔が引きつってきた!

「間に合わなかったら、長野まで送ってもらうぞ!」 と夫

「え~~~、電車の旅なのに塩尻から電車乗りたいよ!」 と私

そんな話をしているとき、村の中にタクシ-が通過して、
目の前に見える真田さんちに入って行く!

家の人が出てきて、私たちの方を指差しておしえてくれたようです。


タクシーが到着したのは5時50分!


もう旦那様は、頭から湯気が上がっていました。

私もドキドキしながら次の手段を考えていました。

そして、

「大声出して、ドライバーを怒らないで!」 と私


「わかってるよ!」 と夫



ドライバーさん、 「すみません、すみません。」の連発


トランクにスーツケースを載せて、後は田舎の高速道路!


「大丈夫、間に合います!」 とドライバー

「間に合わせてもらわないと、こっちも困るよ!」 と夫


「気をつけて行って下さいね!」 と私

線路脇の細い道路を、猛スピードで駅へ!

田舎の高速道路、100キロはでていたんじゃないかな?!
横には線路、まるで一足速く新幹線に乗ったようでした。

ちょうど土曜日で、通勤通学の車や人がいなかったので、
止まらずに一直線で駅に着きました。

それも、エレベーター前の歩道に進入して***

料金は、1600円でしたが、
「すみません、1000円だけいただけますでしょうか。」***


「間に合いそうですね、ありがとうございました。
 朝から、スリル万点でしたよ!」 と私



ドライバーさん、最後までスミマセンの連発でした。
どちらかと言うとお若い方の年代の人でしたが、
飲みに行った帰りは、必ずここのタクシーを利用して皆さんすぐわかるのに。
アルバイトか入社したてだったのかな?
予約時間の送迎の、勉強になったと思います。

だけど、本当に田舎の高速道路でした。
旅行に行く前に、事故らないで良かったです。



タクシーの窓から眺めた日の出
午前5時55分
002_201404151414380cb.jpg


無事塩尻駅に到着しました。
出発2分前を切っていました。

001_20140415141439804.jpg 003_20140415141440340.jpg 004_20140415141441260.jpg

ぶどうの郷しおじり
ぎりぎり間に合った塩尻駅!
電車がホームに入るまでの間
あ! 写真撮らないと!

005_2014041514144<i>斜体文</i>2e48.jpg



1番目の列車
塩尻駅 05:59発  松本行き

006_20140415141504af2.jpg


2番目の列車
松本駅 06:18発  長野行き 篠ノ井線普通列車

長野まで、鈍行列車の旅です。
ホ-ムに添乗員のMさんが、旗を振ってお出迎えしてくださいました。

009_201404151814420cf.jpg

窓から安曇野の実家を見下ろし、北アルプスを眺め、07:28、長野駅に到着しました。

007_201404151415055fe.jpg 008_20140415141506c9a.jpg


集合場所 ここで全員集合!
ご夫婦合わせた年齢が88歳以上の、仲の良い夫婦の旅が始まり始まり~

この旅行の最低条件は、88歳以上と、
5日間喧嘩しないで仲良く隣同士の座席で座っていける事! (笑)



3番目の列車 
長野駅 08:03発  大宮駅行き   あさま510号

010_2014041514151054c.jpg

011_201404151415326df.jpg 012_20140415141534b95.jpg 013_20140415141535ce2.jpg

久しぶりの新幹線です。
5年前に、上越市へ、郷ひろみコンサートへ行った帰りに、
長野~上田間に乗車しました。

あっという間の乗車時間でしたが、
この旅は、新幹線にいっぱい乗れるのが、とても魅力的でした。

窓から景色を見ながら、旦那様と話をしながら~***
09:14、大宮駅に到着しました。

014_2014041514153798a.jpg





4番目の列車 
大宮駅 09:33発  新青森駅行き  はやぶさ9号

かっこいい~!
仙台~秋田行の「こまち」と青森行きの「はやぶさ」が合体してホームに入ってきました。

017_201404151841529f5.jpg

グリーン車両が「はやぶさ9号」

018_2014041518415357f.jpg



015_20140415141538c3f.jpg 019_20140415184155d2b.jpg 020_20140415184156c19.jpg


10時のお茶は、勿論ビールで乾杯~
車内販売でびーるを買って、家から持ってきたおつまみで酒タイム。

022_20140415184253e9b.jpg 023_20140415184254bb1.jpg 024_20140415184256251.jpg

021_20140415184157d43.jpg


コーヒーは、サービス!
025_20140415184257992.jpg

 
026_201404151842588b2.jpg 027_201404151844114bc.jpg 029_20140415184413177.jpg

030_201404151844142d4.jpg 031_201404151844167eb.jpg 033_20140415184444540.jpg

032_20140415184417cd3.jpg

034_20140415184445879.jpg 037_2014041518444841b.jpg038_201404151844502ff.jpg

036_201404151844472cd.jpg

039_2014041518451961f.jpg 040_201404151845220e3.jpg

びーるで喉を潤し、綺麗な景色を見てほっとして~
少し居眠りしている間に、早いな~新幹線は!
12:29、新青森駅に到着しました。

044_20140415184552b58.jpg




5番目の列車
新青森駅発 12:45発  函館駅行き  スーパー白鳥11号

042_20140415184524657.jpg


043_201404151845262bc.jpg

041_20140415184523978.jpg

列車に乗りっぱなしの旅ですが、スーツケースを引いてホームへの移動があります。
乗り換え時間が短い駅は5分で移動~
結構御年輩のお客様もいらっしゃいますが、皆さん元気です。

初めて大地を踏む、大宮、青森~ いっぱい空気を吸って来ました。
不思議な事に、花粉症から脱皮したような?!


12:45、札幌行きが発車しました。
直ぐにお待ちかねの駅弁が配られました。
この旅行には、各地の名物駅弁がセットされているのが、良いですね~。

045_2014041518455486f.jpg

美味しかった~ 特にイカ飯が最高に美味しかったね!

046_20140415184555501.jpg

047_201404151845561df.jpg 048_20140415184557d0b.jpg 050_20140415184630329.jpg

049_201404151846280f8.jpg

美味しい駅弁を戴きながら、回りの景色にも感激!

青函トンネル入り口が間近
列車は速くて、シャッターを押したときは真っ暗 夜になってしまいました。
051_20140415184631789.jpg


064_20140415184748696_201404171410426da.jpg

e60e6c7d_20140417142618da2.jpg

c031baf80fc08eac4e0fecae4c740d93.jpg

save1881.jpg

seikan_1.jpg







トンネルの中は、暗くて夜見たいです。
徹夜だった私は、いつの間にか寝てしまい、
旦那様まで一緒になって眠ってしまいました。

明るくなって目が覚めて、朝だ~!(寝ぼけています)

しまった! トンネルの出口を見ないでしまいました。 残念~


目が覚めると、ここは北海道!
トンネルから抜けると、そこは雪国!

052_20140415184633e34.jpg

054_20140415184659d1b.jpg

055_20140415184701d8a.jpg
056_20140415184702d87.jpg
057_20140415184704fa7.jpg

058_20140415184706f1f.jpg 060_20140415184744d7a.jpg 062_2014041518474593f.jpg

車窓から澄み渡るような美しい景色を眺めながら、
14:58、函館駅に到着しました。

072_20140415184833594.jpg




6番目の列車
函館駅 15:13発  札幌駅行き スーパー北斗11号

067_201404151847503e0.jpg


069_20140415184830332.jpg  少し時間があったので二人で記念撮影

065_20140415184748f7c.jpg


071_201404151848310e6.jpg 076_20140415184836542.jpg 077_20140415184904a5c.jpg

078_20140415184906b63.jpg 079_20140415184907cd7.jpg 080_201404151849099bb.jpg

079_20140415184907cd7.jpg


082_20140415184910be8.jpg 083_20140415184940ad7.jpg 085_201404151849406c7.jpg

086_20140415184942e16.jpg 087_20140415184943e69.jpg 088_20140415184945a60.jpg 

089_20140415185009e2b.jpg 090_20140415185011088.jpg  092_201404151850149ca.jpg

091_201404151850121dc.jpg
 

093_2014041518501524a.jpg 094_20140415185040d5f.jpg 095_20140415185042597.jpg

096_2014041518504362d.jpg 097_20140415185044578.jpg 103_20140415185124d06.jpg


098_20140415185046588.jpg


104_20140415185126a3a.jpg 105_20140415185128b08.jpg 106_20140415185128f73.jpg

107_201404151851568af.jpg

109_20140415185159881.jpg 110_20140415185201870.jpg  111_20140415185201134.jpg

お酒タイム
家から持ってきた日本酒

112_20140415185229cb0.jpg


車内販売で 北海道限定ビール

113_201404151852315c3.jpg


外の景色から目が離せません。

115_201404151852335ed.jpg



114_201404151852347ce.jpg 116_201404151852359da.jpg 120_2014041518530647a.jpg
 
夕日
118_20140415185304920.jpg

121_201404151853071c5.jpg122_201404151853098e3.jpg123_201404151853101c8.jpg124_20140415185338e11.jpg125_20140415185341b93.jpg127_201404151853440f1.jpg


こんな写真も
移り行く景色に夢中になっていたとき、旦那様は居眠り~

129_20140415185345769.jpg


126_20140415185342152.jpg



130_201404151854225bf.jpg この後、私もうとうと居眠り***


添乗員さんの「次ですよ~」の声で目が覚めると、 「札幌~札幌~」131_20140415185424fdf.jpg


18:43、札幌駅に到着
これで本日の列車の乗車は達成しました。

132_20140415185425bf1.jpg



朝から約12時間30分の列車の旅、1日目お疲れ様でした。

最高年齢84歳のご夫婦を始め、金婚式を迎えられたカップル
私達より大分ご年配のご夫婦、皆さん笑顔で元気で何よりでした。


札幌駅からゆっくり歩いて10分
「ホテル法華クラブ札幌」 に到着しました。

514_20120210125954.jpg

room_twin.jpg

bath01.jpg

前日のブログを、ここでUP!
私は、タブレットやノートパソコンがないので、
夕食後、ロビーにある無料のパソコンコーナーで15分。
夜中メンテナンスでUPできなかった記事をUPすることができました。

31_20120210122115.jpg


8日の夕食は各自ですので、旦那様と札幌の夜を楽しみました。

133_2014041518542755f.jpg




続く

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

sanadaen

Author:sanadaen
長野県塩尻市でぶどうの観光農園を、家族で営んでいます。

日々の出来事など綴っていきますのでご覧下さい。

秋には美味しいぶどうが実りますので、皆様、ぶどう狩りにいらしてください。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード